スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早野商店の「ほたての卵のおかず味噌」

「早野商店」の「ほたての卵のおかず味噌」

MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介。(2015/02/24)
和田ちゃんのそんなん初めて食べました 


ホタテを使ったご飯の供は、岩手県・岩泉町で作られています。岩泉町と言えば「龍泉洞」。日本3大鍾乳洞のひとつです。龍泉洞の全長は、およそ3,500m。観光スポットとしてはもちろん、パワースポットとしても人気なんだそうです。洞窟の中で7つ発見されている地底湖は、1番深いところで120m(日本一)あります。
そんな龍泉洞の近くに店を構えるのが「早野商店」です。

早野商店の名物は、江戸時代から作り続ける昆布巻です。なぜ山の中のお店が昆布巻を作っているのかと言うと、昔は周りの山で木炭が作られていたので、下流へ木炭を運び、帰りに海産物を運んできたそうです。
海のものを仕入れて、昆布巻を作って外に出す。昆布巻は海と山の暮らしをつなぐ大切な商品だったのです。


「ほたての卵のおかず味噌」ができたきっかけは?
あるところからホタテ貝柱の昆布巻の注文が入り、ホタテの昆布巻は大ヒット。しかし昆布巻には、貝柱と貝ひもだけを使うので、卵が大量に残ってしまいました。これをなんとか美味しい商品にできないかと思い、出来上がったのがおかず味噌です。


三陸でとれたホタテは蒸してから使います。ホタテの卵はオレンジ色がメス(卵巣)、白いのがオス(精巣)です。
苦みのある肝臓は取り除いて、卵を貝柱から優しくはがします。卵を取る作業は1回に400個も行っているんだそうです。集めた卵は、もう一度蒸し器に入れて、およそ10分蒸します。卵の中の黒い部分は全て取り除きます。
おかず味噌の調味料は、米麹・醤油・砂糖・酒・唐辛子を混ぜて、ひと晩寝かせたもの。これにホタテの卵を入れて火にかけます。焦げ付かないよう30分間混ぜ続ければ完成です。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング

ほたての卵(らん)のおかず味噌 1瓶(110g)463円(税込)

【店舗】
早野商店
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字村木18-32
TEL:0194-22-2555

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。