スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京甲屋の「蔵尾ポークの豚角煮」

「京甲屋」の「京甲屋名物 豚の角煮」

ABC朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で紹介。(2015/01/24)
日本全国コレ!うまかろう!! 中山忍さんのオススメ


4年前にオープンした地元で人気の和食店です。
中山さんのオススメは、豚を芋焼酎で炊き上げた豚の角煮。丸一日かけてじっくり煮込んだ豚肉は、とろけるような柔らかさです。

京甲屋 代表 池田泰優さんのコメント
「肉の柔らかさにとことん追求して炊いております。角煮といえば鹿児島の郷土料理なんですけども、郷土のお酒の芋焼酎、これをメインに炊いております。口に入れた瞬間ですね、芋焼酎のフルーティーな香りがフッと鼻の中を通り抜けていきます」


角煮作りの為に選び抜いた豚肉は、生産量が少ない幻のブランド豚、滋賀県産蔵尾(くらお)ポーク。肉質は柔らかく、脂身が甘いのが特徴です。
さらに重要なのが丁寧な下ごしらえ。肉が型崩れしないよう、表面をフライパンで焼いていきます。茹でる工程では、アク抜きの為、おからを使って豚をボイルしていきます。
おからを入れることで豚肉の臭みを抜き、余分な脂も取り除けるんだそうです。およそ6時間、柔らかくなるまでじっくり火を通し続け、さらに新しいお湯で1時間ほど茹でると下ごしらえは完了。
味付けは、芋焼酎をベースにかつおだしなどで合わせた京風のあっさり仕立て。3時間ほど炊き上げ、味を染み込ませれば完成。1日かけてじっくり煮込んだ豚肉は、トロっと柔らか。焼酎の香りが口の中に広がり、熱々ご飯との相性も抜群です。


中山さんは「おいしいんですよ、トロっとしていて。撮影で京都に行った時に連れて行って頂いたお店のコースの中の一品として頂いたのが初めてだったんですけど」と仰っていました。


ホームページ

京甲屋名物 豚の角煮 500g 5,400円(税込・送料別)
※お取り寄せはインターネットからのみ。
※お取り寄せについての電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

【店舗】
日本料理 京甲屋(かぶとや)
京都府京都市中京区堺町通蛸薬師上ル甲屋町390
TEL:075-708-5605(お席のご予約専用)

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。