スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タントピアットの「神戸えびソーセージ」

「タントピアット」の「神戸えびソーセージ」

MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介。(2014/11/18)
和田ちゃんのそんなん初めて食べました 


店名の「タントピアット」とは、イタリア語で「たくさんのお皿」と言う意味です。
イタリアで修業を積んだご主人が奥さんと一緒に16年前お店をオープンしました。

エビでソーセージを作ることになったきっかけは、常連さんの中にお肉系がまったくダメな人がいて、魚介類を使った変わった料理が食べたいと言う事で考えたのが、プリプリ感と食感を全面に出せるエビのソーセージだったとのこと。


作業工程
ソーセージに使うエビはマレーシア産です。海がキレイなマレーシアは、おいしいエビが育つのだそうです。
今回は100匹ほどのエビの皮を手作業でむいていますが、普段は1,300匹ほどの皮を手作業でむいているそうです。
続いて、背ワタを丁寧に取り除き、片栗粉・日本酒・重層を揉み込み、水洗いして汚れを取り除きます(片栗粉はエビの汚れをつかんで浮かせてくれます)。
水洗いしたエビは水気をよく取り、1cm角に切ります。エビは1cm角とミンチ状の物を混ぜます(ミンチ状=プリプリ感,1cm角=身の食べ応え)。
味付けは、塩・コショウ・白ワイン・パセリ、繋ぎとしてほんの少し卵白を加えます。30分混ぜ合わせると、ソーセージの中身が完成。
続いてこれを羊の腸に詰めていきます。羊の腸は薄くて破れやすいため、丁寧な作業が続きます。最後にソーセージを蒸し上げれば、ほんのりピンク色になったエビソーセージの完成です。
ソーセージ1本に約8匹分のエビが入っています。
特製えびソースは、エビの皮をオーブンで焼いて、トマトや香味野菜と一緒に煮込んだもの。


ホームページ

神戸えびソーセージ 1本80g 5本入り 特製えびソース付き 3,960円(税込)

【店舗】
イタリア料理店 タントピアット
兵庫県神戸市中央区加納町3-12-6
TEL:078-242-1589

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。