スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちちんぷいぷいで紹介「みまからちりめん」

「美馬交流館」の「みまからちりめん」

MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介。(2014/08/05)
そんなん初めて食べました 


美馬で作られる唐辛子だから「みまから唐辛子」。昼と夜の寒暖差が激しいこの地でできるみまから唐辛子は甘味が強いのが特徴。なんとスイカの糖度も超えるのだそうです。

みまから唐辛子の種は辛くないそうで、胎座(たいざ)と呼ばれる白い部分が辛いそうです。胎座は、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンが作られています。

そもそもその辛さから美馬町では昔から作物を虫から守るものとして畑に植えられていました。しかしその美味しさから農家さんの間でよく食べられていたそう。
そこで美馬交流館の逢坂満さんを中心にみまから唐辛子を多くの人に知ってもらおと8年前から本格的に栽培が始まりました。


激辛薬味みまからの作り方
みまから唐辛子を全て手作業で、辛味と旨味が出やすいように5ミリ幅に刻みます。細かく刻んだらここからは時間との勝負。時間が経つと旨味や辛味が飛んでしまうのです。
まずゴマ油で炒めます。酒・醤油・みりんなどを合わせた秘伝の調味料を加え、水分を飛ばしながら煮ます。仕上げにたっぷりのかつお節を混ぜ込みます。

実は激辛薬味を心底楽しめる人はほんのわずか。これではみまから唐辛子を多くの人に食べてもらえない。そこで逢坂さんが考えたのが「みまからちりめん」です。

使うのは和田島ちりめん。近海でとれたシラスをすぐに加工するため新鮮で旨味が強いのが特徴です。
薬味みまからと合わせ調味料でちりめんを煮れば完成です。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング
amazon

みまからちりめん 1瓶 520円(税込)

【店舗】
美馬交流館
徳島県美馬市美馬町字西荒川24-1
TEL:0883-63-2005

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。