スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待つ価値あり!の絶品グルメ

読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」で紹介。(2014/06/22)


2日前に注文しないと食べられないかき氷?
「雪ノ下」の「かき氷」

こちらの雪ノ下はオープンしてまだ2年なのですが、かき氷とパンケーキの専門店として、スイーツ好きには大人気のお店。混雑を避けるため事前にお店のホームページから予約を入れるのですが、最低でも2日前までに食べたいかき氷を注文しないといけません。

2日前から注文しないと食べられない理由は、ただ単に水を凍らせるのではなく、果物そのものを氷に加工していくからなんです。

-桃のかき氷-
味に深みが出るよう、砂糖やレモンで桃を煮たらミキサーにかけます。これを容器に移して凍らせます(桃3個でかき氷3食分取れるか取れないかぐらい)。果物から出る水分で凍らせるため水と比べると固まりにくく、最低でも2日はかかってしまいます。

果物だけではなく、スペシャルティと呼ばれる最高級の豆を使ったコーヒーのかき氷は、砂糖を入れた容器に、わざわざコーヒーマイスターがドリップしたコーヒーを4杯も入れて作るという贅沢なもの。
さらに手間暇かけて完成させた氷にも、あるこだわりがあります。できあがった氷を全部使わず、上の4分の1は捨ててしまいます。これは下の方が味が濃くて、上の方が薄くなっているので、味のムラが出てしまうからなんです。かなりもったいない気もしますが、これも全てのお客さんに同じ味を楽しんでもらいたいというこだわりから。

スペシャルティコーヒー:厳選した農園で作られた高品質の豆
コーヒーマイスター:コーヒーに対する知識と技術を持つプロ


ホームページ

紹介されたメニュー
発酵バター 蜜柑蜂蜜を添えて 700円 (税込)
静岡広野産 桃氷 900円 (税込) ※期間限定
スペシャルティコーヒー使用 堀口珈琲氷 700円 (税込)

【店舗】
雪ノ下 大阪本店
大阪府大阪市北区堂山町5-14
※地方発送なし

*****

最長7か月待ち!ソーセージの味がするイカ?
「大松屋」の「イカソーセージ」

大松屋は地元で獲れたサバを始め、鯛やホタテなどの海の幸をまるで生ハムのような燻製にして通信販売しているという水産加工会社。
最長7か月待ちになったことのある食べ物とは、イカの中にソーセージの具を詰めたというイカソーセージ。夏に旬を迎えるイカを使って、珍しい燻製を作りたいと試行錯誤を重ね1年半かけて完成させました。

ビールに合うよう開発したというイカソーセージ
イカの骨を抜いたら醤油やみりん・砂糖を合わせた煮汁で煮ていきます。イカは1回目に火を通すとき、どれだけ熱を加えるかで固さが決まるため、煮汁から上げるタイミングは2分23秒を厳守。この時間を守ることで、味が染みていながら柔らかいイカになります。
このイカにビールに合うよう、チーズや唐辛子、香辛料を練り込んだ豚肉を詰めていくのですが、具の豚肉をパンパンに詰めるため、手間をかけて作っても10個に1つの割合で破れてしまい、使えなくなってしまいます。
ソーセージの具を詰めたイカを45分ほど蒸したあと、山桜のチップを入れた燻製機に入れ、30分ほど香りづけをすれば完成です。
そのままでも十分おいしいのですが、火であぶるとビールとの相性も抜群です。


ホームページ

紹介された商品
志摩 さば燻製 1枚 980円~ (税込)
イカソーセージ 1パック250g 1,080円 (税込)

【店舗】
大松屋 
三重県志摩市志摩町和具2568-3 
TEL:0599-85-7900
※地方発送あり

*****

最長1年待ち!?幻のチーズケーキ
「アンジュ」の「チョコレートチーズケーキ」

幻のチーズケーキとは、月に1度しか焼けないというチョコレートチーズケーキのこと。
なぜ月に1度かというと、材料がすごく高くつくため、焼けば焼くほど赤字になってしまうからだそうで、しかもパティシエの小林さんはチーズ嫌いとのこと。

そんな小林さんがチーズケーキを作るきっかけとなったのが・・・
元々ケーキが大好きで、田中さんというパティシエが経営するお店に通い詰めていたという小林さん。ある時「チーズ嫌いでも食べられる!」と勧められた新作のチーズケーキを恐る恐る食べてみたところ、あまりの美味しさに大感動!その勢いでなんと44歳の時にパティシエ田中さんの元へ弟子入り。その3年後、師匠の田中さんが引退したのをきっかけにオープンしたのが「アンジュ」です。
その時の師匠の教えが「素材にはこだわって欲しい。でも、皆さんに安く提供する」。

作れば作るほど赤字になってしまうチョコレートチーズケーキ。
フランス産の最高級チョコレートを始め、小麦粉は国産の中でも最上級ランクのものを使うなど、材料費を惜しむことは一切ありません。
まずはチーズと牛乳、小麦粉を火にかけて混ぜ合わせます。そして卵やバター・チョコレートを混ぜ合わせたら、最後にこのチーズケーキの特徴でもあるふわふわ感を出すためメレンゲと合わせていくのですが、これは手でかき混ぜ合わせます。生地とメレンゲの合わさった感覚が手でないと分からないからだそうです。
これを型に入れオーブンで焼いていくのですが、大量のメレンゲでふわふわにしているため、放っておくと膨らみすぎて破裂することも。それを防ぐため5分に1度はケーキの状態をチェック。焼きあがるまでの50分間片時も目を離すことができないのだそうです。


ホームページ

月1回 40個限定
チョコレートチーズケーキ 1,700円 (税込)

【店舗】
アンジュ
大阪府和泉市府中町2-2-24
TEL:0725-39-7007
※地方発送あり

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。