スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐佐賀産直出荷組合の「きびなごフィレ」

「土佐佐賀産直出荷組合」の「きびなごフィレ」

ABC朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で紹介。(2014/06/14)
日本全国コレ!うまかろう !! 


高知県の西部に位置する黒潮町。その海沿いに土佐佐賀産直出荷組合があります。地元の女性が主婦の目線でアイデアを出し合って様々な商品を開発しています。なかでも1番の人気は、きびなごを塩漬けにして、オリーブオイルで漬け込んだ「きびなごフィレ」。まろやかな塩味で素材の旨味を引き出した一品です。


土佐佐賀産直出荷組合 浜町明恵さんのコメント
高知特産のきびなごを使って、きびなごのアンチョビを作りました。きびなごの上品な香りと香ばしい味がします。冷奴の上にのせて漬け込んだオリーブオイルをかけて食べると、豆腐の甘味も増しますし、とてもおいしいです。


きびなごフィレは全て手作業で作っています。
使うのは高知県宿毛湾で水揚げされたきびなご。初夏のこの時期に獲れる特に脂ののったきびなごだけを使います。素早く3枚に下ろしたあと塩漬けにします。使う塩は、黒潮町の特産品。地元の職人が作った天日塩です。
地元の海水を使い、1か月以上かけてできた塩は、ミネラルがたっぷり含まれているんだそうです。
この塩がポイントで、塩なのに甘いと感じる、この塩がきびなごのまろやかなしょっぱさを出してくれるとのこと。

この塩ときびなごをしっかりと混ぜ、3か月以上かけてじっくりと熟成させます。塩漬けが終わったら、丁寧に瓶に詰め、クセが無いというギリシヤ産のエキストラバージンオイルを注ぎます。最後に1つずつラベルを貼れば完成です。
時間をかけて旨味を引き出したきびなご。ご飯のおかず、そしてお酒のおつまみにも最適です。


みなさんの感想の一部です
神田さん:うん、そんなにしょっぱくないんだ。
三船さん:甘みのあるしょっぱさって意味がわかりました。
勝俣さん:(ちょっと聞き取れませんでした)~のアンチョビってやっぱ魚の味が強いですね。これピザでもいいなぁ~。
三船さん:パスタにも合う。お酒にも合いますよね、吉さん。
吉幾三さん:これは酒だね。
神田さん:これ生臭さはないね。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング
amazon

きびなごフィレ 1,058円 (税込・送料別)

【店舗】
土佐佐賀産直出荷組合
高知県幡多郡黒潮町佐賀80
TEL/FAX:0880-31-4188

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。