スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一乗寺中谷の絹ごし緑茶てぃらみす

「一乗寺中谷」の「絹ごし緑茶てぃらみす」

読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」で紹介。(2014/03/23)


一乗寺中谷は、和菓子と洋菓子がそれぞれショーケースに並べられているちょっと珍しいお店です。
和菓子職人の中林英昭さんと洋菓子職人の恵子さん夫妻が作る和洋折衷スイーツは、例えば「洋」の生クリームと「和」のわらびもちを組み合わせた「ざるわらび」や「三色お豆のタルト」など数種類あります。

もともと一乗寺中谷は、70年という歴史ある和菓子屋の老舗。ところが現在の3代目、英昭さんのところに11年前、当時洋菓子店を経営していた洋菓子職人の恵子さんが嫁いで来ました。

恵子さんは「和菓子してもらうことになるから」と最初に言われていたので、老舗だしそうなんだろうなと思っていたそうです。ところが大旦那と大女将から「せっかくやし、やったらええやん」と言ってもらえたとのこと。


現在1か月待ちの大人気の和洋折衷スイーツ
絹ごし緑茶てぃらみすの製造工程

-洋菓子の作業-
卵・砂糖・小麦粉・バターを混ぜ合わせ、厚みに差が出ないように、トレーに均等に敷いた後、オーブンへ入れスポンジを作ります。クリームチーズ・牛乳・生クリーム・砂糖・ゼラチンに豆乳と白あんを混ぜ合わせる。さらに抹茶を加えてひたすら混ぜ合わせること1分、和洋折衷ムースの完成。

スポンジに、(和)の工程で作った緑茶シロップを全体にスプレーして染み込ませ、この上にムースをのせ、さらにスポンジ、シロップ、ムースを重ねて冷蔵庫で1時間ほど冷します。
生クリームをのせ、最後に小豆・黒豆・うぐいす豆をちりばめて完成です。

-和菓子の作業-
小豆と砂糖を混ぜ合わせて白あんを作る。
何種類もの抹茶に緑茶を注ぎ混ぜ合わせる。そしてここにシロップを加えて容器に入れます。


ホームページ

【店舗】
一乗寺中谷
京都府京都市左京区一乗寺花ノ木町5
TEL:075-781-5504

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。