スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「潮かつお/鰹のへそ生姜味噌煮」

日テレ系「満天☆青空レストラン」で紹介。(2014/01/11)


「カネサ鰹節商店」の「潮かつお」

かつてカツオ漁で栄えた静岡県西伊豆町。この地で江戸時代から作られている伝統食が潮かつお。その名の通り、カツオを塩漬けにした保存食ですが、別名「正月魚(しょうがつよ)」と呼ばれ、この地域では縁起物としてお正月に食べる風習があります。

西伊豆は、今も鰹節作りが盛んで、名人芹沢さんも明治15年創業の老舗の鰹節屋さん。

< 潮かつお >
使うのは、静岡県の焼津港で水揚げされたホンガツオで、脂の少ないカツオを使う。脂があると、塩がきれいに漬からず傷みやすくなる。
カツオのお腹を切り、内蔵を取り出す。骨に沿って切り込みを入れ、ここに塩を詰め込む。一匹3キロのカツオに対して、塩はおよそ2キロ。大量の塩で保存をきかせるのが昔ながらの製法。これをさらに塩の中に漬け込む。ここに前から継ぎ足されている漬け汁を入れる。少し発酵されてる液を入れて発酵を促す。それが旨味につながる。
この状態で約2週間漬け込んで発酵させる。2週間経ったらキレイに塩を洗い流す。
お腹にも風が通るように、竹でお腹を広げ、まるごと吊るして陰干し、寒風に3週間さらす。


ホームページ

【店舗】
カネサ鰹節商店
静岡県賀茂郡西伊豆町田子600-1
TEL:0558-53-0016

****

「カネヨ」の「鰹のへそ生姜味噌煮」

焼津市はカツオの水揚げ量が日本一の町。ゆえに、カツオの加工品もたくさん作られるが、その過程でとれるのが「へそ」と呼ばれる心臓。焼津では、これがよく食べられている。

へその料理を2品 「へその味噌煮」と「へそフライ」が紹介されました。
鰹のへそ生姜味噌煮のお取り寄せができます。


ホームページ

【店舗】
株式会社 カネヨ
静岡県焼津市小川新町3-9-3
TEL:054-628-3327

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。