スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金精軒の大吟醸粕てら

「金精軒」の「大吟醸粕てら」

MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介。(2015/04/14)
和田ちゃんのそんなん初めて食べました 


和田ちゃんが訪れたのは、創業110年の和菓子屋「金精軒」。
紹介されたのは、酒粕を使った白いカステラです。

お店から50mほど先に、酒粕を作っている山梨銘醸があります。
「金精軒」社長の小野光一さんと「山梨銘醸」社長の北原兵庫さんは、小中高と同じで60年の友情。

創業260年の山梨銘醸は、山梨県で1番古い歴史を持つ造り酒屋。南アルプスに育まれた水で造られる看板銘柄の「七賢」は、全部で20種類あります。
カステラに使う酒粕は、全国の鑑評会で金賞を受賞した大吟醸のもの。

このカステラに使われている大吟醸は通常のものとは違い、じっくりと時間をかけて搾るため、酒粕が風味の強い液体状になります。
料理などに使われる酒粕とは違うため、使い道がないと言われていたものをお菓子に使うことができないだろうかと思ったのがきっかけで、構想から完成までおよそ8年かけて、大吟醸の風味が効いたカステラを作ることができました。


大吟醸粕てらの製造工程
卵白をミキサーにかけます。(白さの秘密は卵黄を使わないこと。卵黄が入ってしまうと、大吟醸の微妙な柔らかい香りが飛んでしまう)
卵白に砂糖と蜂蜜を加えます。
卵黄が入っていない生地は、泡が潰れやすく、潰れるとふわふわ感もなくなってしまうため、作業のスピードが大事です。
粉をふるいにかけて、ミキサーにかけます。
一番最後に大吟醸の酒粕を入れ、あとは手作業で全体を混ぜれば生地の完成です。
すばやく型に流し込み、オーブンで50分焼き上げます。お酒と和菓子、60年の友情によって生まれた、ふわふわ大吟醸粕テラの完成です。


ホームページ

大吟醸粕てら 1本 1,330円(税込・送料別)
※大吟醸の粕がなくなり次第終了。

【店舗】
金精軒
山梨県北杜市白州町台ヶ原2211
TEL:0551-25-3990
スポンサーサイト

よーいドン!東貴博さんのオススメ

関西テレビ「よ~いドン!」で紹介。(2015/04/14)
プロが教えるとっておき 本日のオススメ3
東貴博さんのオススメ


「祇をん 萬屋」の「ねぎうどん」

お店の名物ねぎうどんは、新鮮な九条ねぎをたっぷり使用しています。
ねぎの風味がダシに溶けだし、深い味わいを楽しむことができます。


東さんのコメント
ここのうどんは、ちょっと細めのうどんなんですね。九条ねぎってね、まぁブランドのねぎですよ。これがね、こんもりどんぶりの麺が見えないほどね入ってるわけですね。
またダシがね、昆布とカツオでとった上品なダシなんですよ。この熱々のダシにちょっと浸すと、そのまた甘みがグッと出てね、このシャキシャキ感とたまらないんですよ。
うどんもですね、ツルツル感がすごく気持ちいいんですね。まぁこのダシが絶品、ねぎが絶品。京都に行った際は、ぜひちょっと食べていただきたいと思います。


食べログ

ねぎうどん 1,300円(税込)
※お取り寄せ不可

【店舗】
祇をん 萬屋(よろずや)
京都府京都市東山区花見小路四条下ル二筋目西入ル小松町555-1
TEL:075-551-3409

*****

「食パンひとすじ 地蔵家」の「食パン」

改良を重ね独自の製法で焼き上げたという、こだわりの食パン。耳まで柔らかく、ふわふわだと評判で、1日およそ300本も売れる大人気商品です。


東さんのコメント
地蔵家さんっていうのは、食パンの専門店なんですね。ものすごい素材にこだわってるんですよね。アレルギーの人でも食べられるように、卵を使ってなかったりだとか、もう本当に自然のものしか使ってなくて。
みなさん食パンで感動したことありますか?香り・もちもち感・味の優しさ、食パンってこんなにうまいんだってね、感動しましたね。


ホームページ

食パン 1斤半 620円(税込)
※FAXにて、お取り寄せ可

【店舗】
食パンひとすじ 地蔵家(じぞうや)
兵庫県神戸市灘区弓木町3-2-12
TEL:078-841-6230

*****

「柚子屋旅館 一心居」の「鯛柚子鍋膳」

京都・八坂神社のすぐ隣に店を構える柚子屋旅館。その中にある一心居では、まさに京都ならではのお料理を頂く事ができます。
鯛柚子鍋膳は、彩り鮮やかなおばんざいや、季節のお料理、メインの鯛鍋がセットになっているお昼のメニューです。


東さんのコメント
京都に来たなっていうこの雰囲気。個室の設えが最高にいいんですよね。
綺麗なね、このおばんざいが出てくるんですよ。日本人の感覚の繊細さね。あーっ、これもうまさに京都だなと。
鯛しゃぶが頂けるんですけど、柚子ってね、ちょっとこう入れるイメージあるじゃないですか?結構でかい柚子をふんだんにこう搾るんですよね。この爽快感、爽やかさはね、初めてでしたね。
鯛がね、またおいしいんですよ。そこに最後シメが、雑炊になるわけですよ。柚子もねドンドン味がね良くなっていくんですよね。野菜の旨み、鯛の旨み、ギュッとね、この味が詰まった雑炊になるね、食べたらもうね、ズッコンきますよ。オススメです。


ホームページ

鯛柚子鍋膳 5,800円(税別)
※ランチのみのメニュー

【店舗】
柚子屋旅館 一心居(いっしんきょ)
京都府京都市東山区祇園町八坂神社南隣545番地
TEL:075-533-6369

検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。