スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山珍の豚まんじゅう

「広東菜館 山珍」の「豚まんじゅう」

MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介。(2015/02/17)
和田ちゃんのそんなん初めて食べました 


創業およそ60年。先代の翁 延煜(おう ていいく)さんが始めた本格広東料理がいただけるお店です。
山珍の豚まんは、先代が考案。多い時には1日1,000個売れる人気商品です。


豚まんの皮は、小麦粉・牛乳・塩・ラード、そこに砂糖を入れた少し甘めの生地が特徴です。仕上がった時に、フワッとモッチリ、皮だけでもおいしく食べられるのがこだわりです。

主役の具の一つ目は、豚の角煮。大きく刻んだ豚の角煮は、食べ応え抜群でインパクト大。赤身と脂身をバランスよく均等に入れます。二つ目は、甘みが強く、シャキシャキ感が特徴の岡山県牛窓産のキャベツ。千切りにして豚の背脂でコクをプラス。醤油で炒めて仕上げます。三つ目は、醤油でコトコト炊いたうずらの卵。
この三つの具がはみ出さないように丁寧に包み、蒸し器に入れておよそ20分で完成です。


ホームページ

豚まんじゅう 5個入り 1,550円(税込・送料別)

【店舗】
広東菜館 山珍(さんちん)
岡山県岡山市北区丸の内2-12-22
TEL:086-222-2316
スポンサーサイト

検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2015年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。