スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満天青空レストラン「本わさび/安曇野放牧豚」

日テレ系「満天☆青空レストラン」で紹介。(2015/01/24)


「大王わさび農場」の「本わさび」

本日の舞台は長野県安曇野市。名人は内川亜基雄さん。紹介する食材はわさびです。
長野県は、わさびの生産量全国1位(※沢わさびに限る)。中でもここ安曇野は、長野産のわさびの9割以上が作られるわさびの聖地。
日本一大きなわさび畑を案内すると言われ向かったのは、総面積東京ドーム11個分にもなる大王わさび農場。それを可能にしたのは、地下から湧き出す北アルプスの雪解け水。この美しい水を使って何かできないかと考えた安曇野の人々は、今から100年前の大正4年に広大な土地を掘り起し、わさび畑を作りました。

わさびには、土で作る畑わさびと水で作る沢わさびの2種類ありますが、大王わさび農場では、湧水を利用して沢わさびを作っています。
沢わさびは水が綺麗な場所で砂利に苗を植え付け育てます。安曇野では日に70万トンも湧き出る雪解け水を使って、古くから沢わさびの栽培が盛んです。

水温は13℃、夏場冬場同じ温度です。
紹介されたわさびは、長野県で開発した「長野(ちょうや)23号」というオリジナルの品種。
小さい根茎を植えるとそれが親芋となり、大きくなりながら子芋が周りに次々と付きます。長野23号は、立派な子芋がたくさん付くのが特徴。わさびは、根も茎も葉も生で食べられます。

ゲストのIKKOさんと宮川大輔さんがわさびを採る作業を体験。
普段我々が目にするわさびは、根の部分。大きな茎と葉を揺さぶり砂利の中から引っこ抜いて、泥を洗い落とせばキレイな本わさびが出てきます。


ホームページ

【店舗】
大王わさび農場
長野県安曇野市穂高1692
TEL:0263-82-2118

*****

「藤原畜産」の「安曇野放牧豚」

わさびと食べたい極上食材として紹介されました。
名人は藤原仁さん。

アルプスを望む山の斜面で育つ、安曇野放牧豚。
一般的な養豚場は、室温を管理された小屋の中で育てます。しかし名人は標高900mのこの場所で、150頭の豚を放し飼いにしています。高原のおいしい空気と太陽の光を存分に浴びて育つ豚は、真冬でも元気いっぱいです。
エサは、配合飼料に加え長野産のおいしいりんごを与えるのが名人のこだわり。
脂がのる寒い時期が一番おいしくなると言います。


藤原畜産47CLUB店
店舗ブログ

【店舗】
藤原畜産
長野県安曇野市明科中川手6223-1
TEL:0263-50-7128
スポンサーサイト

水戸元祖天狗納豆の「そぼろ納豆」

「水戸元祖 天狗納豆」の「そぼろ納豆」

ABC朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で紹介。(2015/01/24)
三船美佳の週末行ってみっか!


明治43年創業。昔から変わらぬ製法で様々な納豆を製造・販売している老舗です。
三船さんが地元ならではの納豆を聞いたところ、そぼろ納豆を紹介されました。

切り干し大根の漬物に納豆を加えて混ぜ合わせ、醤油を基本に調味して漬け込んだそぼろ納豆。昔は茨城の各家庭で作られたんだそうです。

納豆のお茶漬けにして試食した感想は
「んーっ!すごいおいしいですね。切り干し大根の食感が最高のアクセントになってます。糸の切れも良くなって、食べやすさも増しますね」


そぼろ納豆300g入り ~創業100年 水戸納豆の老舗「水戸元祖 天狗納豆」~

Yahoo!店
楽天市場で検索

そぼろ納豆 300g 648円(税込)

【店舗】
天狗納豆株式会社
茨城県水戸市柳町1-13-13
TEL:0120-109-083

京甲屋の「蔵尾ポークの豚角煮」

「京甲屋」の「京甲屋名物 豚の角煮」

ABC朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で紹介。(2015/01/24)
日本全国コレ!うまかろう!! 中山忍さんのオススメ


4年前にオープンした地元で人気の和食店です。
中山さんのオススメは、豚を芋焼酎で炊き上げた豚の角煮。丸一日かけてじっくり煮込んだ豚肉は、とろけるような柔らかさです。

京甲屋 代表 池田泰優さんのコメント
「肉の柔らかさにとことん追求して炊いております。角煮といえば鹿児島の郷土料理なんですけども、郷土のお酒の芋焼酎、これをメインに炊いております。口に入れた瞬間ですね、芋焼酎のフルーティーな香りがフッと鼻の中を通り抜けていきます」


角煮作りの為に選び抜いた豚肉は、生産量が少ない幻のブランド豚、滋賀県産蔵尾(くらお)ポーク。肉質は柔らかく、脂身が甘いのが特徴です。
さらに重要なのが丁寧な下ごしらえ。肉が型崩れしないよう、表面をフライパンで焼いていきます。茹でる工程では、アク抜きの為、おからを使って豚をボイルしていきます。
おからを入れることで豚肉の臭みを抜き、余分な脂も取り除けるんだそうです。およそ6時間、柔らかくなるまでじっくり火を通し続け、さらに新しいお湯で1時間ほど茹でると下ごしらえは完了。
味付けは、芋焼酎をベースにかつおだしなどで合わせた京風のあっさり仕立て。3時間ほど炊き上げ、味を染み込ませれば完成。1日かけてじっくり煮込んだ豚肉は、トロっと柔らか。焼酎の香りが口の中に広がり、熱々ご飯との相性も抜群です。


中山さんは「おいしいんですよ、トロっとしていて。撮影で京都に行った時に連れて行って頂いたお店のコースの中の一品として頂いたのが初めてだったんですけど」と仰っていました。


ホームページ

京甲屋名物 豚の角煮 500g 5,400円(税込・送料別)
※お取り寄せはインターネットからのみ。
※お取り寄せについての電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

【店舗】
日本料理 京甲屋(かぶとや)
京都府京都市中京区堺町通蛸薬師上ル甲屋町390
TEL:075-708-5605(お席のご予約専用)

検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2015年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。