スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きちみ製麺の白石温麺

「きちみ製麺」の「白石温麺 (しろいしうーめん)」

日テレ系「満天☆青空レストラン」で紹介。(2014/05/17)


宮城名物「白石温麺」は、かつて仙台藩主伊達家から大名や公家への贈答にも用いられた由緒ある品。

-製造工程-
小麦粉と食塩水を混ぜて生地を練ります。練った生地はコシを出すため足踏みし、一晩熟成する。整えた生地を1本の帯になるよう、うずまき状に包丁を入れます。これを機械で平らに伸ばします。帯状に伸ばした生地を2枚重ねにして、機械で丸棒状に成形します。

一般的なそうめんは、麺を伸ばしていく際、油を塗って表面の乾燥を防ぎますが、白石温麺は油の代わりにデンプンを使うので長期保存しても風味が損なわれません。

続いての工程は「綾掛け」。2本の棒に生地を八の字に掛け、麺を鍛えコシを強めます。これを1回休ませて熟成させます。
次に「手延べ」。綾掛けした棒の1本を固定し、もう1本を手作業で引いて麺を伸ばします。これをまた熟成させて、手延べします。あとは1日かけ、じっくりと乾燥させます。
麺は9センチにカットされます。この長さは昔から決まっていたそうで、詳しいことは文章などでは伝わっていないそうですが、ものすごく食べやすいとのこと。

-名前の由来-
宮川大輔さんが「温麺って、温かい麺って書くじゃないですか?温かくして食べるんですか、これ?」と尋ねると
きちみ製麺の吉見光宣さんが「そうじゃなくて、名前の由来はですね、親孝行の息子がお父さんの胃病を治したくて、お父さんは麺が好きだったんですね。素麺は油を使っていてちょっと胃にもたれやすい。旅の僧侶から教わって、油を使わない麺を作ってお父さんに食べさせたって言うのがこの温麺のスタートなんですよ。それでそれをお殿様が聞き及びまして、そんな心温まる親孝行話だったら、この麺は心温まる麺と書いて温麺と呼びなさいと名前を付けて頂いた」と仰ってました。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング
amazon

【店舗】
株式会社 きちみ製麺
宮城県白石市本町46
TEL:0224-26-2484
スポンサーサイト

布目の社長のいか塩辛

「布目」の「社長のいか塩辛」

ABC朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で紹介。(2014/05/17)
日本全国コレ!うまかろう !! 研ナオコさんのオススメ


昭和16年創業「布目(ぬのめ)」は、地元北海道の海の幸を使ったさまざまな水産加工品を製造しています。
今回ご紹介するのは「社長のいか塩辛」。いかの旨味を最大限に引き出した逸品です。適度な塩辛さの中にいかの甘味が感じられます。

布目 大澤裕明さんのコメント
「こちらの商品は、社長がお土産用としてお配りしていたものが、あまりに好評なために商品化したものなんです。濃厚な味が特徴で、塩辛好きの方にはたまらない商品になっています」


イカは、北海道近海で獲れた新鮮なスルメイカを使います。開いて中骨を取り除いたら、専用の機械で洗います。その後、沖縄産の塩を加えてしっかり混ぜ、1時間寝かせます(塩辛は発酵食品ですので、発酵していくと柔らかく感じる事があります。塩漬けすることによって、イカの水を吐き出させて、コリコリとした食感が長続きするように塩漬けしています)。
しっかりと水切りをしたあと、塩辛の大きさにカットします。味付けの要は、スルメイカの肝。厳選した2種類の肝をブレンドして使用。みりんや砂糖などの調味料と一緒に加えてよくかき混ぜます。これを熟成室で寝かせるのですが、1日に2回熟成を促すために丁寧にかき混ぜ、4日間熟成させれば出来上がりです。
程よい塩加減とイカの甘味、そして濃厚な肝の味がクセになる塩辛です。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング
ぐるなび食市場
amazon

社長のいか塩辛 150g×5袋 1,080円 (税込・送料別)

【店舗】
株式会社 布目
北海道函館市浅野町4-17
TEL:0138-43-9101

旅サラダで紹介「辛麺とマンゴー」

ABC朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で紹介。(2014/05/17)
ゲストの旅:研ナオコさん


「辛麺屋桝元」の「辛麺」

韓国冷麺のような麺を唐辛子とニンニクの効いたスープで食べる宮崎生まれの麺料理です。
宮崎のご当地グルメ「辛麺」。こちらのお店はその元祖と言われています。
美味しく食べられる辛さは、小辛(1辛)~大辛(5辛)の間。辛いのが好きな方は特辛(8辛)とのことで、研さんは8辛を選びました。

醤油ベースのスープに、ニンニクと豚のひき肉を入れます。そこへ登場するのが唐辛子。8辛なら、スプーン8杯分を加えます。仕上げにニラと卵を加えて、特製スープが完成。
そば粉と小麦粉で作った韓国冷麺に似た麺にスープをかければ辛麺の出来上がり。

研さんの試食した感想は
「歯ごたえがすごい麺の。おいしいよ。麺がなんともね、いい」
辛さ8倍のスープのお味は
「私は普通に食べれちゃう。もっと辛いのがいいな」と、激辛(15辛)に挑戦しました。
感想は「まだいける」とのこと。
「次はもっと辛い辛麺にチャレンジしてみせます」と仰っていました。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング

【店舗】
辛麺屋桝元 宮崎本店
宮崎県宮崎市新別府町土田574-1
TEL:0985-89-2585

*****

「緒方果樹園」の「マンゴー」

研さんが訪れたのは、宮崎マンゴーの直売所。4月半ばから収穫が始まり、今も出荷作業に追われています。

マンゴーの畑を見学。
マンゴーの実には全てネットがかぶせられていて、完熟すればマンゴーが枝からネットに落ちるそうです。
鮮やかな赤色になり、枝から落ちたら収穫のタイミングとのこと。

試食した感想は
「甘い。甘いし、これがマンゴーなんだなっていう。コクがあるっていうか、なんて言ったらいいんだろう。止まらないですね、すごくおいしい」

ホームページ

【店舗】
緒方果樹園
宮崎県 宮崎市大字本郷南方字石原1785
TEL:0985-54-3824
FAX:0985-56-0910

検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。