スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県余呉町の特産品「雪ん子キムチ」

「はごろも市」の「雪ん子キムチ」

MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介。(2014/02/17)


滋賀県長浜市余呉町、日本の情景が今も残るこの町は、関西で最も雪が降り積もる地域。真冬には3mになる日もあり、地元の人々は雪と共に生活を営んでいます。

永井好彦さんは、地元の雪を生かして野菜を育てていらっしゃいます。
余呉町の特産品を作りたい、そんな思いで3年前から美味しい白菜を育て始めたんだそうです。

永井さんの白菜は「雪掘り白菜」とも呼ばれ、例年は膝まで降り積もった雪の中から収穫するんだそうです(今年は雪が少なかったらしく、白菜が雪から顔を出していました)。余呉の町では昔からこうやって野菜を育て続けてきました。

雪の中で育つ白菜は、寒さに耐え続け、身を守るために糖分を蓄えてとっても甘くなります。
降り続く雪と厳しい寒さに耐えながら、じっと収穫の時を待つ白菜。雪ん子キムチは、この甘味たっぷりの白菜を使って作られています。


-雪ん子キムチ-
白菜を半分に切り、根元の部分に1枚1枚塩を振り掛けます。キムチは辛さのバランスが命。重石で水気を抜きながら塩分を調節していきます。
キムチの素となるヤンニョムは、ニンニクやみりんなどの薬味や調味料で味付けされていきます。イカの塩辛や辛さの違う3種類の唐辛子を使って味に深みをだします。

家庭的な味にこだわるために最後の仕上げまで人の手で行われます。白菜の葉に1枚1枚ヤンニョムを塗り込み、最後にぐるっと巻いて容器に並べていきます。ここから5日間かけて漬けこめば、素朴で家庭的な味わい、雪ん子キムチの完成です。


雪ん子キムチ 1個(300g) 380円(送料・梱包代が別途必要)

※電話・FAX・店頭にて購入できます。
商品の販売・発送は、余呉町の産地直売所「はごろも市」で行っています。
白菜がなくなり次第、販売終了です。

【店舗】
はごろも市
滋賀県長浜市余呉町下余呉1938
TEL/FAX:0749-86-3312
スポンサーサイト

石塚英彦さんのおすすめグルメ

「メゾン・ド・レ・ミュジニー」の「パン・ペルデュ」

TBS系「はなまるマーケット」の今朝のおめざ (2014/02/17)
石塚英彦さんのオススメ


【番組の商品説明】
「ペルデュ」とはフランス語でプリンの意味で、中にはお店自慢のデニッシュが入っています。その上にはオレンジピール入りのパンがのっていて、ほろ苦い焦がしカラメルとプリンの甘さが絶妙なおやつにピッタリな一品となっています。


石塚さんの奥さんの弟の長女がこのお店でアルバイトをしていて、お土産で持って来てくれたのがきっかけでこの商品を知ったそうです。


ホームページ

パン・ペルデュ 150円
※地方発送なし

【店舗】
メゾン・ド・レ・ミュジニー
東京都品川区中延6-10-1
TEL:03-6426-8275

*****


<< 石塚英彦さんオススメ!ご飯のお供に!全国お取り寄せグルメ >>


「おつけもの丸仁」の「ぶっかけ生姜」

国産生姜をふんだんに使用した一品。

ロケで出会ったそうです。体がどんどん温まって、食べるヒートテックみたいと仰っていました。


ホームページ

価格 683円
※地方発送あり

【店舗】
おつけもの丸仁
東京都葛飾区柴又7-6-19
TEL/FAX:03-5693-4781

***

「京のうまいもの屋 櫻」の「櫻じゃこ」

自家製のラー油に国産の極小ちりめんじゃこを金胡麻と共に漬け込んだ一品。

MBS「知っとこ!」のディレクターにお土産でいただいてハマったそうです。


ホームページ

価格 970円
※地方発送あり

【店舗】
京のうまいもの屋 櫻
京都府京都市東山区古川町通三条下る四筋目稲荷町北組573-1
TEL:075-533-6330

検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2014年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。