スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県民の熱愛グルメ「とり野菜みそ」

「まつや」の「とり野菜みそ」

日テレ系「秘密のケンミンSHOW」で紹介。(2015/02/26)
石川県民の熱愛グルメ


地元の味噌メーカーに特注した米みそと調味料を11種類以上ブレンドして作っていますが、製法は企業秘密。商品名の「とり野菜みそ」の「とり」は鶏肉ではなく、野菜や栄養を「摂る」という意味からきています。
製造数は、年間約450万袋です。

とり野菜みそには、豆板醤のスパイシーな風味のピリ辛、濃厚スープのとんこつ味、洋風な酸味が効いたトマト味もあります。

とり野菜みそが誕生したきっかけは?
とり野菜みその歴史は、江戸時代にまで遡ります。北前船の廻船問屋をやっていた初代当主の松屋和平さんが航海の中で船員に体力をつけて頑張ってもらおうと味噌を使って鍋を振る舞ったのが1つのルーツです。
そして昭和48年に「とり野菜みそ」と名付けて販売したところ、当時みそ鍋の素というものが珍しがられたという事もあって人気商品になったそうです。

鍋以外にも炒め物などにも使える万能ダレとして「とり野菜みそだれ」という商品が販売されており、パンに塗ってピザトーストに使う方もいらっしゃるそうです。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング
amazon

【店舗】
株式会社まつや
石川県かほく市木津ハ14番地の2
TEL:076-285-2222
スポンサーサイト

天文館むじゃきの白熊

「天文館むじゃき」の「白熊(しろくま)」

日テレ系「秘密のケンミンSHOW」で紹介。(2014/09/18)
鹿児島県民の熱愛グルメ


「しろくま」の発祥とされるお店です。
むじゃきには、15種類のバージョンがありますが、白熊と名のつくものは全て練乳味。

しろくまの作り方
まず器には、フルーツだけでなく、寒天や白豆を入れます。その上に地元の業者に特注した氷を専用のかき氷機で削り、器に回しかけます。この上に特製ミルクをたっぷりかけます。
(特製のミルクは企業秘密で、練乳をベースに何工程か半日以上かけて作っています。甘いながらもさっぱりとした味。一子相伝で社長たちしか作り方を知らないそうで、会社でも知っているのは2、3人とのこと)
さらに白蜜をかけて甘みをプラス。続いてパイナップルなどの彩りのフルーツや寒天をトッピングし、干しぶどうとチェリーを添えて完成です。


どのようにして「白熊」は生まれたのか?
むじゃきの白熊は、創業者の久保武さんが昭和22年に考案しました。当時、大衆食堂を営んでいましたが、鹿児島の夏は非常に暑いので、冷たいかき氷を考えたそうです。初めは、氷の上にミルクと白蜜をかけたシンプルなものでしたが、トッピングとしてチェリー、干しぶどうを上に乗せたところ、上から見たら白熊に見えたということで、名前が「しろくま」と呼ばれるようになりました。

もう一説には、昭和初期に市内の綿屋さんが夏の副業で、かき氷屋を営んでいて、かき氷にかける練乳の缶に白熊が描かれていたからという説もあるそうです。




ホームページ
楽天市場で検索
Yahoo!ショッピング
amazon

【店舗】
天文館むじゃき
鹿児島県鹿児島市千日町5-8
TEL:099-222-6904

阪神百貨店の「いか焼き」

「阪神百貨店」の「いか焼き」

日テレ系「秘密のケンミンSHOW」で紹介。(2014/08/14)
大阪府民の熱愛グルメ


阪神百貨店梅田本店は、大阪梅田にある昭和32年設立のデパート。
いか焼き売り場は、連日大行列を作るほど府民にとっては超人気のアイテム。多い日で1日15,000枚売れています。

阪神百貨店のイカ焼きは4種類あり、最もオーソドックスなイカ焼きというメニューは、シンプルに小麦粉とダシとイカのみ。そしてデラックスバンの略称デラバンは、卵をトッピングしたイカ焼きです。さらにデラバンにねぎを加え、ソースではなく醤油味の和風デラに、イカ焼きにねぎを加えた醤油味のネギいか焼きと4種類の味を楽しめます。

デラバンの作り方
小麦粉に秘伝のダシを混ぜ合わせ、そこに一口大にカットしたイカを加えます。そして混ぜ合わせれば生地が完成。続いて、熱した鉄板に卵を落とし、その上に生地をのせます。これを機械で挟み焼きします(両面で焼くことで早く焼き上げることができ、イカの旨味を凝縮できるのが特徴です)。
両面を焼くこと1分半。イカ焼き用に調合されたオリジナルソースを全体にサッと塗り、2つに折れば大阪府民熱愛の阪神百貨店のデラバンが完成。

なぜ大阪府民はイカ焼きを熱愛しているのか?
日本コナモン協会 会長 熊谷真菜さんのコメント
明治末期に、せんべい職人がまかないとして、小麦粉の生地にイカを混ぜて焼いたのがイカ焼きの原型と言われています。戦後、住吉大社の境内に屋台がありまして、そこでイカ焼きが売られるようになりました。その後、昭和32年に阪神百貨店でイカ焼きが販売されるようになりました。ちょうどその時期から大阪にイカ焼きが広まりまして、大阪人にイカ焼きが愛されるようになったのだと思います。


阪神百貨店オンラインショッピング

いか焼き(152円)・・・小麦粉・ダシ・イカ
デラバン(206円)・・・小麦粉・ダシ・イカ・卵
和風デラ(216円)・・・小麦粉・ダシ・イカ・卵・ネギ(醤油味)
ネギいか焼き(162円)・・・小麦粉・ダシ・イカ・ネギ(醤油味)

【店舗】
阪神名物 いか焼き
大阪府大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店梅田本店 B1F
TEL:06-6345-1201

検索フォーム

オンラインショップ









婦人画報のおかいもの



楽天市場





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


当ブログについて

テレビで紹介されたお取り寄せできるグルメ情報を主に紹介しています。商品や価格などは放送当時の情報ですので、ご購入される場合はご自身でご確認をお願いいたします。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。